地元密着型サロンのチラシの撒き方。


こんにちは!
マーケティングでセラピストの悩みを解決したい、マーケティング・アナリスト&メイクセラピストのさかねえです。

地元密着型サロンを経営している方は必読の情報です。

地元密着型だとチラシのポスティングは必須のマーケティング活動だと思います。

だけど、

「お金をかけて撒いてもなかなか成果が出ないんだよね~」

っていう話をよく聞きます。

確かに、1000枚巻いて1~2件新規が入ってくるくらいだ、と聞くと、印刷費がもったいない感じがしますよね~。

でもね、そういうときに私は必ず質問しています。

「自分でチラシを撒いていますか?」

チラシ効果がない、という方は、自分で撒いていません。

少なくとも最初だけは、チラシは自分で撒きましょう。

自分の足で自分の商圏としているエリアをみて回りましょう。

そして、どんな場所にどんな家があってどんな人たちがどんなふうに住んでいるのか見て回るのです。

マーケティングの初歩である「フィールドリサーチ」です。

マンションが多いのか、一軒家が多いのか。

新しい住宅地が多いのか、昔ながらの住宅地なのか。

住宅地の雰囲気はどうか。

住んでいる人たちの雰囲気はどうか。

地図だけでは読み解けない現場がそこにはあります。

実際に自分の目でみることで、自分がターゲットとしている人たちの生活がみえてきます。

その上で、来てほしいなと思う一軒家にポスティング。

このお家に住んでいる人がお客様になったら嬉しいな、とか。

ワクワクしながら、自分でお客様を選ぶ感じでチラシを撒いていると気分もアガってきます。

そうするとチラシの効果は目に見えてあがります。

週に1日でも、月に数日でも構いません。

自分の足で少しずつで良いから、自分でポスティングすることをおすすめします。

1000枚に1~2件というのは、業者が言われた通りのエリアに何も考えずにノルマを早く果たすためだけに撒いた場合の数です。

ちゃんと考えて撒けば、その数倍の成果はあがりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です